ソウル美味旅行

  • 2012.10.24 Wednesday
  • 11:05
 

友人との5年越し積立で、ソウルに美味旅行へ行ってきました

あれこれご紹介したいのですが〜料理関係だけご紹介します

 漢方・菊花茶までの道のり

仁寺洞 
入口にレースの鉢カバー 可愛い

ここでのお目当ては、アルムダウン茶博物館 

想像していたより、現代的、お茶の効能などを調べてゆっくりティータイム

しました。

そこで見つけた 菊花茶 〜色も綺麗で疲労回復  6000W(420円)




ここでのお茶の知識をもとに 漢方薬市場へ

有名な美容漢方パックが処方されている東明人参がある祭基洞です。

ここは漢方薬・お茶などの店が立ち並ぶ問屋街





ここでたくさん漢方とお茶を買いました。  菊花茶  ↓ 沢山で5000W(350円)



そして サムゲタンの漢方 ナツメ・高麗ニンジン・桂皮などパック  2000W(140円)



帰国翌日にサムゲタンを早速作りました〜漢方が強すぎた味になったので〜

次回は半分の量で作ってみます。

お茶ゲットまでの道のりも簡単ではないです



 キムチを習得への道のり    料理教室 阿味笑 (アミソ)さんへ

李先生のもと、キムチのヤンニョムからをしっかり習い、私の今までの

失敗例を検証してもらいました(笑)

とても親切にご指導して頂き、チャプチェも最高に美味しかったです。

これは、生徒さんにも教えたいです。

アミソさんは詳しくこのページの方が良いので⇒
http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?id=3522

お土産キムチ・教室で作って食べたチャプチェ  ↓ 








ソウルに行ったら、ぜひ この料理教室へ  お勧めです



   ハングァ(
韓国伝統菓子)への道のり

もち米のハングァはドラマで見て食べたくて〜地元の広蔵市場へ行ってきまし↓

http://www.konest.com/contents/shop_mise_detail.html?id=1367

この市場は大きくてとても安く、キンパッ・韓国のり、お菓子をなど買いました。

結納などで使われるお祝い菓子  ↓  とっても綺麗に詰められています






お目当ての 韓菓 ハングァ  ↓ やさしい味がほっとします。

ユーガ⇒もち米を揚げて水飴を塗ったもの  




サーターアンタギーに味が似ている菊の花形の揚げ菓子

ヤックァ⇒小麦粉にゴマ油、蜂蜜、酒、生姜汁などを混ぜて油で揚げた後、蜂蜜を塗ったもの




お土産の定番

龍のひげ菓子⇒ キャラメルみたいな口どけのお菓子

冷凍して食べるのが、お勧め〜ここのが一番美味しいです!!







韓国お勧めカフェ は〜

鐘路3街の エンジェルカフェへ〜スタバより美味しいコーヒーに感じました

ドラマでも良く使われるカフェです〜

  エンジェルインアスコーヒー
http://www.angelinus.co.kr/default.asp





朝のセットを食べました〜7000W?(490円ぐらい)




美味しいコーヒーで朝の1日目をスタートしました

お店では、チヂミ(自分のイメージとは違う粉にじゃが芋が入ってる)とか、チゲ・焼き肉

など食べたのですが〜カメラ忘れで・・・残念!!



コンビニで売ってるお勧め品

えごまの葉のキムチ漬⇒そのままでも美味しく、家でキンパッに挟み使いました。

隣はこぼうの味付け ↓



漢方で煮た、ゆでたまご   ↓ 少し香ばしくなったゆでたまご



生生マッコリは飲みやすく、お勧め 1500W(105円)

お酒は飲まない私達ですが〜せっかくだからとホテルで飲んだら

美味しい!!  ほんのり甘くすっきりして二人でゴクゴク〜最後の夜は

ぐっすりと眠れました。  



最後に、韓国タッパー  中にステンが入っていて、多分〜ビビンバとか

色のつきそうなものをお弁当にする為かなぁ??と思い、買いました。

日本では保冷に最適・臭いもつかないので活躍しそうです



駆け足で紹介しましたが〜長々ご覧頂きありがとうございました。


          
今週末には、中華オードブルをアップします






ドレスデンの味

  • 2007.04.16 Monday
  • 01:23
Junko先生がドイツに滞在している間、日帰りで、
ドレスデン 
に行きました。

ベルリンから電車で2時間ほどの中都市で、チェコ国境近く。
中世に商業都市として栄え、バロック様式の宮殿や教会、オペラ劇場など、
その姿を現在にまで残す街です。


dresden

dresden2

カメラ(上)川岸から見たドレスデン旧市街。桜が咲いていました♪
     (下)カトリック旧宮廷教会 



ドレスデンでは、本当のドイツ料理を食べよう!と、
「地球の歩き方」にも載っている、

Gansedieb (ゲンゼディープ)

というお店で、ランチをしました。

頼んだものは、こちら↓

meat 


ブルドックがくわえているようなお肉、骨付き豚肉料理と(名前は不明・・)、
奥の肉料理は、ドレスデン風豚肉ロースト。
お値段は、約13ユーロ(2000円)

ミュンヘン産のドイツビールと一緒にいただきました。

それにしても、すごい量で、全部食べきることは出来ず・・・
ドレスデン名物のバームクーヘンを食べることも、
おいしいといわれるチーズケーキを食べることもできませんでした。 

それでも、こんな肉料理を食べれることは、そう滅多にない!
ということで、思い出深いランチになりました♪


来週から、普通どおりに、授業メニューやレシピを紹介していきます。
長らくお待たせしました!今後ともよろしくお願いします
女豚

ベルリンの味

  • 2007.04.14 Saturday
  • 18:11
ベルリンは、多くの民族がミックスされた街だということを象徴するかのごとく、
私の家の周りは、トルコ人がたくさん。
歩いている人もそうなら、店もトルコ食品。レストランもトルコ食。

トルコ料理で、手軽に安く、そしてとてもおいしいのが、これ↓

ケバブ


”ケバブ” 


炙ったラム肉のスライスと、サラダとトマト、ソースがピタパンに挟まった、
ボリュームあるトルコ風サンドイッチ。
おなか一杯になるのに、値段はたったの2,5ユーロ(約400円)。
ファーストフードでセットを頼むよりお得でおいしいし、健康的!


トルコ食品は、他にもおいしいものがたくさん♪
トルコチーズは、その中でも格別!
焼いても溶けないチーズは、塩気があって香ばしいです!


なぜか、日本ではあまり見られないトルコ料理。
ヨーロッパ旅行の際には、ぜひお試しあれ♪
(ケバブ屋は、肉の種類は違えども(豚や鶏肉も多い)ヨーロッパ各地にあります 笑)



ベルリン

カメラ最後に、ベルリン中心地の写真。
ビルの合間に潜む昔のベルリンの面影。カイザーヴィルヘルム教会。

ベルリンの味

  • 2007.04.11 Wednesday
  • 07:18
ベルリン郊外に、
ポツダム

という世界遺産の町があります。
緑の多い広大な土地に、2,5キロにもわたる庭園と、荘厳な宮殿が建っている、とても素敵な町です。
そして、この町で、あの第2次世界大戦の終わりを告げた「ポツダム宣言」が交わされたました。


new palace

palace
カメラ(上)新宮殿  (下)サンスーシ宮殿 


サンスーシ宮殿とその庭園は、ポツダムの中でも目玉になっている観光地。
ただ、ポツダム中央駅や繁華街から離れているため、
目だったレストランは、サンスーシ宮殿前に立つ、

Movenpick

のみ。

Movenpick は、スイスの会社で、
ヨーロッパ各地に「アイスクリーム」「お菓子」「コーヒー」
などの産業を発展させている会社。
ドイツでは、各地でレストランも展開させています。


天気も春日和だったので、テラスでランチをすることに。
私達が食べたのは、ジャガイモのスープ↓ 

zuppe


ジャガイモと人参をつぶした濃厚なスープが、
かわいい蓋付のお鍋に入っていて、
その素敵な盛り付け方に、思わず写真をパシャリ。


その後は、Movenpickの濃厚なケーキをいただき、
(ホワイトチョコケーキ&ナッツクリームケーキ)
ポツダムの町を後にしたのでした♪

ベルリンの味

  • 2007.04.09 Monday
  • 03:42
春休み中、Junko先生は、ドイツの首都ベルリンを中心に滞在していました。

ベルリンは、ドイツの首都。
ベルリンという都市は、ドイツ人がいうほど、
歴史的見地からも、民族が混ざりに混ざっている場所。

そんな中で、Junko先生と私は、色々なレストランを巡って、
多国籍な料理を味わったのでした。


「ベルリンの味」第1回は、
ベルリンで1番のデパート、
”KaDeWe”(カーデーベー) の中にあるレストラン

Restaurant Siberterrasse


このデパートは、「地球の歩き方」にも載っているように、
ブランド品がたくさん集まる高級デパート。
それならず、世界各国の食料が集まる「食料品売り場」にも定評があるのです。

最上階には、セルフサービスのビュッフェもあるのですが、
その混み具合にびっくり。私達は、5階にあるこのレストランへ・・


素敵な店内。お金持ちそうな老夫婦で、席はいっぱいです。
ランチは曜日替わりで、11EURO(1700円)〜。

お水は、もちろんデパートKaDeWeが製造したもの ↓


KaDeWeの水


その日のランチは、「なまず」を使った魚料理とポテトのソテー。
さっぱりした味で、おいしくいただけました!


でも、私達の本命は、実はこのケーキ!!↓


フロッケン

「フロッケン」ラブ


シュークリーム生地が層になり、その間に生クリームが挟まっている、
この「フロッケン」というケーキは、Junko先生の大好物で、
日本では、”ユーハイム”というケーキ屋さんのものが有名!
(沖縄には残念ながらありませんm(__)m...)

フロッケン自体、日本でもなかなか目にしないのに、
ベルリンで出会い、大感激!

このレストランの「フロッケン」は、上の層にはイチゴジャム、
下の層にはアプリコットジャムが入り、より甘くなっていましたが、
私達には大満足のお味でした!

フロッケン、食べたことのない方は、ぜひお試しくださいね♪

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Photo by M

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM